崎谷はるひ『勘弁してくれ』感想

崎谷さんの作品は結構リアルなところがあり、読んでいてしんどかったりするので最近手を出していませんでした
でもこの『勘弁してくれ』はあらすじを読んで大丈夫かな?と思い読んでみることに

<ストーリー>
高橋慎一は、はとこの義崇と微妙な関係。浮気癖のある男と拗れ、近くにいた男をあて馬にすることで別れ話を完遂したが、それは小さい頃に会ったきりのはとこ・義崇だった。ゆきずりと信じたまま体の奥まで弄られ、散々鳴かされてしまった記憶に身体は疼く。けれど、再会以来無邪気になつく義崇からは、あの夜の情熱は見えない。年下の義崇の将来を思えば、素直に身を任せることもできず…。


またしても年下ワンコ攻ですしかもこのワンコ計算ワンコです
幼少の頃から想い続けてきた慎ちゃん(受)のために、慎ちゃん好みの男になるべく自分を磨き上げた男です(笑)あとがきに書かれていた「ひとり若紫男」には納得というか笑えました。
二人ともかなりの経験をつんでいるのであっちのほうのシーンは結構ハードで、ページ数も多かったです

私と同様崎谷さんの作品は読んでてしんどい・・・と思われている方でもこの作品は読めると思います

『ノットラヴァ』でブログ気持玉通知下さった方。ありがとうございました

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック