麻生 ミツ晃『ティアドロップ』感想

何故だか手にとってしまうんですよね・・・。
とっても個性のある漫画家さんだと思います。

<ストーリー>
恋に破れ、もう本気の恋愛をしたくない木戸悠介は、遊びだけの関係を前提に、会計士の神山剛毅と付き合いはじめる。悠介の希望通り、剛毅は一定の距離を保ちながら理想的な関係を築いてくれるのだが、剛毅の優しさに触れるにつれ、悠介の心は遊び以上のものを求めてしまい──。


たぶん(?)私は麻生さんの描かれる受があまり好みではないのだと思います

表題作以外に「僕らの言い分」「crossing」も収録されています。

この中では「僕らの言い分」が好きだったかな

自分がゲイであることを知りながらも普通に接してくれる友人にだんだん恋心が芽生えてゆき・・・。よくあるお話ですが、結果はわかっていても、わかっているストーリーをどう盛り上げてくれるかは漫画家さんの腕のみせどころですよね

麻生さんの場合は絵柄で魅せていただいてます
麻生さんの絵柄は私的に木原音瀬さんのお話によく合うような気がします。

う~ん
この作品に限ってかもしれませんが、やっぱり受が好みではナイ・・・
乙女系思考があまり好きではないせいかもですね

なんやかんや言いながらも私ってば麻生さんの次の作品も手にとってしまうんでしょうね


ティアドロップ
楽天ブックス
商品副データChocolat comics麻生ミツ晃心交社この著者の新着メールを登録する発行年月:2


楽天市場 by ティアドロップ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック