かわい有美子『星屑シトロン』感想

このシリーズ大好きです

そして『空色スピカ』『流星シロップ』『星屑シトロン』の三作品で1番好きななのは

『星屑シトロン』かも

<ストーリー>
会長には美形を――清泉学院生徒会の独特な任命法。女子を行事に呼ぶための、男子校ならではの手段だが、弾正には関係のないことだった。だが、有名人でフェロモン番長と名高い男・堂本が、生徒会に入る条件として「弾正を会長に」と言ったことから事態は急変。憤り堂本に詰め寄る弾正だが、逆に彼から告白されてしまう。答えは保留のまま、会長になり共に仕事をするうちに、見た目に反して純粋で懐いてくる堂本が、なくてはならない存在になっていることに気づいて……。
  

のお話のカプは受:弾正が攻:堂本にだんだんほだされていって・・・という感じでしょうか
弾正は男前は受で、堂本はワンコな攻です

最近男前な受がお気に入りなせいもあってか、この二人はツボでした
・・・ワンコな攻は言わずもながらです

堂本とくっついてからの弾正はきっと文句をいいながらも堂本のすることを受け入れちゃうんだろうな

次は堂本もお兄やんのお話だそうですよ
クールな攻に、お相手は・・・
楽しみです


星屑シトロン
楽天ブックス
商品副データCross novelsかわい有美子笠倉出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2


楽天市場 by 星屑シトロン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック