榎田尤利『交渉人は嵌められる・諦めない 』感想

読み終わってしまった・・・。

『交渉人は嵌められる』・『交渉人は諦めない』前編・後編という感じだったので、続けて読みました。

<ストーリー>
下町は両国に芽吹ネゴオフィスとして事務所を構える芽吹章は、嫁姑問題以外ならなんでもござれの交渉人だ。
そんな芽吹の恋人は泣く子も黙ると評判のヤクザ兵頭寿悦だった、ほんの少し前までは……
いまや兵頭は芽吹の敵でもある天才詐欺師・環の恋人となり、痛めつけられる芽吹を見ても顔色ひとつ変えない。
仕事も恋もうまくいかず、傷心の日々を送る芽吹だが、人を信じることをやめようとしない。
そんな芽吹に、環は苛立ちを隠さず……!? 
俺は俺を信じる。人を信じていこうとしてる、自分を信じる! すべてを懸けて、芽吹の反撃が始まる!?


映画を観ている感じがしました。
人を“信じる”この言葉がとってもキーワードとなったお話。
とってもドラマ性があって。
一気に読んでしまいました。

交渉人vs詐欺師の戦い
もうドキドキです

芽吹の暗い過去も明らかになり『、~諦めない』なんかはもう!ね!

自分のせいで死なせてしまったという親友であった若林に対する想い。
呪縛にとらわれ、苦悩する芽吹の姿がとても痛々しくて・・・
そのうえ兵頭は芽吹と別れ詐欺師:環の恋人になり・・・

最後の1ページの1行。
これは何度読んでも涙がでてきます

"もういいよ。もう、とっくにいいんだよ”

2冊の長編ではありましたが、この1行の為にあった話ではないかというくらい、とっても重要な言葉だと思います。

イカン・・・また涙がでてきた・・・


交渉人は嵌められる
楽天ブックス
商品副データShy novels榎田尤利大洋図書この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年0


楽天市場 by 交渉人は嵌められる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




交渉人は諦めない
楽天ブックス
商品副データShy novels榎田尤利大洋図書この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年0


楽天市場 by 交渉人は諦めない の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック