吉原理恵子 『青嵐のロンド―陽だまりに吹く風〈3〉』感想

千堂くんは前作で神奈木に犯られてから引き続き今巻ずっとヘロヘロですね(笑)

<ストーリー>
『中ノ澤高校一の天然非常識』と名高いバレー部次期エース・神奈木の求愛を、頑なに拒み続ける一真だったが、逆に神奈木の執着をエスカレートさせてしまう。そして一真の自宅まで、無理矢理押しかけてきた神奈木に押し倒され、ついに一線を越えてしまうことに。その夜一真の元を訪れた津寺は事情を知るやいなや、その場にいた真奈木を殴りつけ…。


一番のトラブルメーカーは実は高槻だったりするのではないでしょうか

こ奴の行動で、色々な事件(?)が起こりましたから
でもそのおかげで、話が進んだとも思います

吉原さんのこの手のお話はなかなか話が進まないですから…(それ以外もか)

今後、津寺が神奈木の対してどう行動にでるのかが気にながるところであります

神奈木は千堂と結ばれるのか…津寺はどうするのか?

そして次巻はいつ発売されるのか…!(ここ重要

『くされれ縁の法則』の発売はまだかしら・・・

『二重螺旋』の発売もよろしく!吉原さんっ


青嵐のロンド
楽天ブックス
商品副データ陽だまりに吹く風3Daria bunko吉原理恵子フロンティアワークスこの著者の新着メー


楽天市場 by 青嵐のロンド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック