藤谷陽子 『鍵盤の上のカレス 初回限定版』感想

私的。注目している漫画家さんです

この作品を読んでもっと好きになりました

<ストーリー>
神童と呼ばれる男・一式響也から指名を受け、ピアノのレッスンをすることになった音大准教授の佐々。一式の才能に劣等感を感じていたが、彼が自分にただならぬ独占欲を抱いていると知り...?


drapさんでよくある小冊子付初回限定です。

お得なんだか、狙いすましているのか・・・。

なんであろうと結局は買うんでしょうが

・・・・・・最近のオビの煽りはちょっといきすぎてやしませんか?
最近はめっきり通販なのですが、本屋さんで買うにはちょっとテレがいるかも

まあそれでも やっぱり買っちゃうんですけど☆



神童と呼ばれる現役音大学生ピアニスト×神童と呼ばれた准教授のお話です。

“ピアニスト”というだけでなんとなくテンションが上ってきます
ちょっとエロスな響き・・・

たとえ不器用で口下手でもピアノ(楽器)を弾いていれば雄弁になっちゃうとことか。


私好みの年下攻らしく臆病な大人を翻弄しているのがもうたまりません

でも、あのシーンではある意味受を翻弄しているのがもう

一色のすることを許してしまってるとってもラブい二人です


前半はお色気シーンは少なかったのですが、後半は満載です
オビに書かれていましたとおり、 

「小冊子はファン垂涎、とろけるような濃厚ラブを描き下ろし」

佐々先生がかわゆいです



鍵盤の上のカレス
楽天ブックス
商品副データ小冊子付き初回限定版ドラコミックス藤谷陽子コアマガジンこの著者の新着メールを登録する発行


楽天市場 by 鍵盤の上のカレス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック