テーマ:いとう由貴

いとう由貴 『灼熱の牢獄』感想

いとう由貴さんの作品を以前読んだとき、あまり私好みの作品を書かれる方ではなかったので遠のいていたのですが、あらすじを読んで興味を持ち読んでみることに <ストーリー> 「優しくしたら、絆されてくれるのか?」恋人の前で陵辱され、純潔を失った孝也は、夢も希望もなく、NYで高級男娼として生きていた。だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more