テーマ:羽鳥有紀

羽鳥 有紀 『伯爵の蜜愛』感想

羽鳥有紀さんの新刊でございます 今作品も“英国”をテーマにされております <ストーリー> 英国の老舗ブランド「サヴァン」との契約に苦戦していた新入社員の雪弥は、偶然社長である青年伯爵アンディと遭遇する。「欧州社交界で僕の恋人役を演じれば商談に応じよう」と言われ、契約のために仕方なくその条件を飲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽鳥有紀『ボディーガードの危険な愛執』感想

以前読んだことのあるボディーガードモノがあまり私のツボをおさえるのものではなかったので(受がボディーガード)、ちょっと遠のいていたのですが、羽鳥さんの作品なのでとりあえず読んでみることに。 <ストーリー> 大人気ハリウッドスター・レオンのボディーガードをすることになった一樹。甘いマスクと優しい印象とは違い、我が侭で体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽鳥有紀『ロシア君主の高慢な恋情』感想

契約・再会ものと好物モノだったこともあり購入  <ストーリー> 赤字経営を立て直そうと奮闘する老舗旅館の亭主・藤代香月のもとに、ロシアの財閥次期総帥であるルキアンが融資を申し出てきた。しかし、精悍な印象とは異なり、その男が融資の提供と引き替えに要求したのは、なんと香月の服従だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽鳥有紀『英国貴族のふしだらな命令』感想

 久し振りのヒット作でした  再会とか結構好き系なもので  <ストーリー>  謎に包まれた人気モデル・シュヴァリエの独占取材を断り切れず、嫌々ながらも英国へ行くことになったフリーライターの観月玲。なぜならシュヴァリエは事情があって裏切った昔の恋人だったからだ。な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽鳥有紀 『英国執事の淫らな夜』感想

 羽鳥有紀さんの『英国紳士の華麗なる日常』に続いての作品『英国執事の淫らな夜』です。英国~シリーズ?    <ストーリー>  訳あって日本を離れて約一年。執事の薫は、恩のある主人の頼みでイギリスの名門スタッドフォード伯爵邸の当主であるエドガーに仕えることになる。新たな主人に精一杯仕えようとする薫だが、執事を必要としない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽鳥有紀『英国紳士の華麗なる日常』感想

 とても好きな設定でした  受ちゃんが健気で(やっぱりこれに限る!)思いやりのあるかわいらしい子で・・・。攻がかなりのヤキモチヤキ・・・。   <ストーリー>  短期留学中に訪れたイギリスの美術館で、世間を騒がせている「怪盗ホーク・アイ」に偶然出会ってしまった高校生の美晴。何と怪盗の正体は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more