円陣闇丸(原作/榎田尤利)『きみがいなけりゃ息もできない』感想

この作品は結構評価が高かったので気になっていた作品でした。 ノベルズ(原作)より先に、漫画の方を先に読んじゃいました <ストーリー> ルコちゃんという愛称でごくごく一部に熱心なファンがいる(らしい)売れないマンガ家「豪徳寺薫子先生」こと二木。生活能力赤ん坊なみの彼を放っておけず、幼なじみの東…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BL風味パート4 水城せとな 『S』

バトミントンマンガです。スポコンです女子登場率少なし まだ水城さんの作品はそう多く読んでいないんですが この作品もですね・・・やはりと言いますかBL視点で読んじゃいますよね~ 『S』はかなり前に発売された作品ですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佳門サエコ 『ロイヤル・フィアンセ-黒の王子-』感想

原作:あすま理彩さんの作品であります 王子さま×庶民のお話です。 <ストーリー> 掃除好きの貧乏高校生・海里は、ある日突然エクラタン国の王子・礁の婚約者として迎え入れられる! でも海里を「お金目当て」と誤解した礁の態度は冷たくて…!! 美形揃いの王族に嫁ぐ掟は「入内まで清い体でいる事」なのに……
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楢崎壮太 『PINKリビング』感想

この作品は雑誌で読んでいたのですが、二人の初めてが描き下ろしで収録されていると知って即買いしました 本編は未遂で終っちゃいましたからね~ <ストーリー> 1LDK・ベッドひとつの同居ライフvv 超イケメンの先輩・御影本とルームシェアすること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水原とほる 『愛の奴隷』感想

キタ!こんなのを待ってました <ストーリー> 宏樹は久坂彰信が好きだ。もういつからかは分からない。彰信は久坂組四代目組長の長男だが、家を継ぐ気はないと言い普通の会社員をしている。無口で無愛想だが、足の不自由な宏樹が通うリハビリセンターの送迎もずっとしてくれている。そして週に数回、宏樹を抱く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

萌木ゆう 『カテキョ!2』感想

この作品は楽しみにしてました <ストーリー> 家庭教師の楓と、恋人同士になった倫太郎。家で頻繁に会うものの、楓をもっと独占したいという想いは日に日に増すばかり。ところが、楓からは「好きだ」と言われた事がないと気付いた倫太郎は、急に不安になって...? 家庭教師・楓のラブレッスンagai…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

羽鳥 有紀 『伯爵の蜜愛』感想

羽鳥有紀さんの新刊でございます 今作品も“英国”をテーマにされております <ストーリー> 英国の老舗ブランド「サヴァン」との契約に苦戦していた新入社員の雪弥は、偶然社長である青年伯爵アンディと遭遇する。「欧州社交界で僕の恋人役を演じれば商談に応じよう」と言われ、契約のために仕方なくその条件を飲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松幸かほ 『花嫁の代償』感想

花嫁系はあまり手を出さなかったのですが・・・あらすじを読んで購読 <ストーリー> 両親を亡くした仁希は、ある日突然母親の実家の大豪邸に連れて行かれ、祖父の秘書・葛城諒から、母の代わりに婚約者の振りをして欲しいと頼まれる。駆け落ちした母と葛城の結婚を望む病床の祖父のためと懇願された仁希は、心苦し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤森ちひろ 『ふしだらな純情』感想

お気に入りの作家さんので購読 <ストーリー> 大学生の小実は、アルバイト先の広告代理店で隣に住んでいた初恋のお兄ちゃん・恭介と再会する。今をときめく人気プランナーの恭介は昔と変わらず小実を構うけど、そんな彼に自分の恋心は明かせない。しかし、小実の想いを知った同僚の宮越に脅迫され襲われかけたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高遠琉加 『甘い運命』感想

『 愛と混乱のレストラン 』シリーズ番外編ですで一が主役のお話です <ストーリー> 樫崎一は、子供の頃から感情を押し殺して生きてきた。しかしアパートの隣人・ゆきと知り合ったことがきっかけで 傷害事件を起こしてしまう。社会復帰しても生きる意味を見いだせない一。 そんな時再会したのが、高校時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL風味パート3 水城せとな 『放課後保健室』

窮鼠~俎上~を読んで水城作品を読み漁っている最中です <ストーリー> 高校生・一条真白はある日突然、謎の地下保健室に呼び出され、妖しく激しい「特別授業」に参加させられるのだが…!?  この作品は全10巻でございます。 読み終わって、この作品のプロットがすばらしいと感動したのは私だけで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水城せとな 『俎上の鯉は二度跳ねる』感想

やっぱりこの作品はよかったです <ストーリー> 妻と離婚した恭一。だが今ヶ瀬との男同士の微妙な関係は、今も続いていた。 今ヶ瀬に抱かれることにならされてゆく日々。 ところが恭一に想いを寄せる会社の部下・たまきの存在が二人の関係を大きく揺るがしてゆ始め・・・。 『窮鼠はチー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水城せとな 『窮鼠はチーズの夢を見る』感想

はじめに言っておきます!わたしは今ヶ瀬の味方です <ストーリー> 優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭?。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬だった。ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

桜賀めい 『悪いコでもイイ?』感想

この作品もシリーズ化してますね~ タイトルが似てるのでどれを読んだかわからなくなりました・・・ TUTAYAで見つけたので『悪いコでもイイ?』『ワルイ男でもイイ』『嫌いじゃないけど』を読んでみました <ストーリー> 超天然不良少年の相…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ニッポン擬人化』感想

某国擬人化漫画のせいか最近擬人化漫画がありふれてますね~ 結構好きです BLでもとうとう擬人化漫画を出してきましたよ。「日本」擬人化ときたか!! 47都道府県の4コマ漫画です。 表紙になっている樹要さんの“東京”“大阪”のキャラなんて特徴捉えてますよね{%ハート(ポヨンチカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本間アキラ 『兎オトコ虎オトコ』感想

レビューの評価がよかったので、気になり購読 <ストーリー> 大学病院に勤務する医師の卯月は、ある夜、成り行きから銃創を負ったヤクザの野浪を助ける。次の日、病院に現れた野浪に、銃創を見られたことを口封じにきたのではないかと恐れる卯月。しかし、野浪はそのとき名乗った卯月を「スズキ」という女性だと勘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中村明日美子 『卒業生』感想

二冊同時発売ですよー! 「同級生」の続編です 読んだことがない方は是非ともお読み下さい!! 〈ストーリー〉 大学受験を間近に控えた佐条は、予備校帰りに草壁とのデートの時間を重ねていた。 そんなある日、佐条の母が入院することになる。 病院への往復、家事、そして受験に追われ、心身ともに疲れきっていた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高遠琉加 『好きで好きで好きで』感想

ノベルスで以前に発売された作品の新装版です。 もう既に読んでしまった作品でしたが、出版社の陰謀にまんまとはまってやろうではないかということで(応募者全員に書き下ろし小冊子がもらえるという・・・)購入した次第です。  前回のイラストは佐々 成美さん、そして今回のイラストは六芦 かえでさんに変わってるんですよね~。  六芦 さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萌木ゆう 『カテキョ!』感想

カテキョ!が雑誌で掲載されてたときはそんなに印象がなかったのですが、最近の作品を読んでむしょうに読みたくなり購入 <ストーリー> 家庭教師・楓からの激しいスキンシップに翻弄される日々を送る倫太郎。テストで悪い点を取り、エッチなおしおきをされてしまい...。エロ家庭教師が贈るラブレッスン♪ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絢谷りつこ 『宵山に啼く恋し鳥 』感想

 京言葉受ですよ今読みかけの作品も京言葉の攻×受です。  なんだかエロスな感じです  <ストーリー>  昭和7年―京都。父亡きあと家業の旅館の主であった双児の兄・芳彦が不幸な事故で命を落とした時から、芳彦として生きている敦彦。旅館と家族を守るため、死んだのは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楢崎壮太 『誘惑レシピ4』感想

 最近楢崎さんがお気に入りで同人誌にまで手を出してしまいました     <ストーリー>  『お前をあきれめきれない』―――  何度振られても真撃に想いをぶつけてくる三浦。頑なに拒んでいた植田の心にも変化が訪れて・・・?レストランオーナー×マリアージュ店員、身分違いの恋v  今回は三浦(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤森ちひろ 『ひそやかに愛を暴け』感想

最近藤森さん作品を読みまくってました。 ・寵辱 ・薔薇は誘惑する ・背徳の愛罪 ・雪花恋情 ・甘い罪の果実 ・永い夜の終わり ・無慈悲な夜 ・禁じられた夜の吐息 あと待機中の作品が4冊・・・藤森さん他、待機中の作品がたまってます週末…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

岩本薫 『好きの鼓動』感想

この作品は2003年発行のノベルズの新装版です 最近は新装版発行が多く、時々「あれ?」この話以前読んだことがあるような・・・と思っていたら新装版だったことが何度が <ストーリー> 「大和が手に入るなら、ほかは何もいらない」今をときめくカリスマスターを幼なじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木下けい子 『幾千の夜』感想

幼なじみのお話です 木下さんのこういう雰囲気の話がとても好きです <ストーリー> 厳しい父親のもとで育った宙には、とても大切な人がいた。 隣の家に住む年上の幼なじみ、哲弥だ。 どんなときもそばにいてくれた。 でも、宙が成長するにつれ、ふたりの時間は変り始…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

須貝あや 『生まれた時から君が好き』感想

以前読んだ『あしながおじさんの宝物』がいたくツボにはいった作品で、それから須貝さんの作品を探しては読んでいたのですが・・・ハズレ続きで 今回こそは!と期待をしつつ・・・。 <ストーリー> 15歳のひなたは、隣に住むケイちゃんに生まれながらに恋をしている。なんでもできて、カッコよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斑目ヒロ 『かわいい悪魔・いとしい悪魔』感想

中村明日美子さんの時と同じように絵柄で買うのをためらい、あらすじやレビューなどを読んで『かわいい悪魔』をためしに読んでみたのですが、あらおもしろい 『いとしい悪魔』も読んじゃいましただめですね~。食わず嫌いならぬ読まず嫌い <ストーリー> メガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新田祐克『春を抱いていた14』感想

14巻ですよ!とうとう最終巻ですね・・・。思わず買ってしまいました <ストーリー> 岩城がくれた御神毛を胸に危険が伴う中東ロケに旅立った香藤。プレッシャーも愛の力で跳ね返し、演技のボルテージは最高潮に…! 一方、事務所から突きつけられた「独立認めず」の回答に岩城の怒り炸裂! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村春菊『世界一初恋 吉野千秋の場合2・3』

小説に漫画に実にお得感のある一冊です 『世界一初恋』でおなじみの副編集長の羽鳥と売れっ子少女漫画家の吉野(幼なじみ)というカプのお話です。 <ストーリー> 超売れっ子で少女漫画家の吉野千秋の恋人は、幼なじみで超多忙な担当編集者・羽鳥芳雪。ある日、急な仕事を理由に初デートをドタキャンされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤森ちひろ『ささやかな幸せ』感想

イラストは町屋はとこさんです。 お話とイラストが合ってますそう思うとタイトルまで町屋さんっぽいと感じるのは私だけでしょうか <ストーリー> 最初は、ほんの出来心だった―。アートディレクターの瑛司は、老舗会社から依頼を受ける。そこで出会った御曹司…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久我有加 『君を抱いて昼夜に恋す』感想

賭博打ち×彫師のお話です。 これは今までなかったカップリングですでも関西弁を使っているせいかとてもキャラに違和感もなくすんなり読むことができました。 <ストーリー> 彫師の八束は、付近を預かる博徒の口利きで男をひとり預かることになる。最初の晩、男、源太は唐突に夜這いをかけてくる。その手に熱を上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤崎 都 『弟のくせに生意気だ!』感想

弟×兄の兄弟モノです。 「兄」や「弟」という言葉に弱いワタシ・・・ ついつい手にとってしまいました <ストーリー> 「待て、早まるな!」――交番勤務の警察官である湊は、2年ぶりに留学から帰国した義弟の孝平に押し倒されていた。チビだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村春菊『世界一初恋 3』感想

8月に2巻が発売されたばかりなのにもう3巻ですよ早い! <ストーリー> 昔好きだった男・高野が上司という最悪の職場に勤める小野寺律。慣れない少女漫画編集者としての仕事も少しずつ楽しくなってきたある日、高野とただならぬ仲らしい営業の横沢が…? 今回は律ちゃんのお話と、木佐さんのお話が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小椋ムク『ふるえる夜のひみつごと』感想

かわいらしいです初々しいといいますか <ストーリー> 高校に入学し、寮に入った古屋は、小柄で気の強い氷見と同室になる。 なかなか心を許そうとしてくれない氷見が気にかかる古屋。 そんなある日、古屋は氷見の秘密をしってしまうのだが・・・。 4作品からなる短編集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深井結己『おとうさんは罪作り』感想

かわいいおとうさんが罪作りな作品です <ストーリー> 35歳の誠人と大学生の睦生は、ひとつ屋根の下で暮らす義理の父子同士…そもそも幼い陸生の手を引いて連れ子婚した母親は、とっくに他の男とトンズラしてしまうというサイテーないきさつを経ながらも、残されたふたり仲睦まじく生活していた。しかし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝井理人/橘紅緒『セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY』感想

なんて長い一週間なんだ・・・長かったなぁ~ <ストーリー> 彼と彼の、『恋人ごっこの一週間』、その結末は---!? 人を好きになるのって ほんと しんどい。 高校三年の篠 弓弦は、月曜日の一番最初に告白してきた相手と必ずつきあい、週末に必ず別れると噂の後輩、 芹生冬至と一週間限定の恋人と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

門井はがち『赤い河』感想

表紙に惹かれて読んでみることに☆ あっ。表題作は兄弟モノでした <ストーリー> と弟、たった2人だけの家族。お互いを思い合うからこそ、すれ違い誰よりも愛しいから触れてはいけない。 背徳的な兄弟の愛を静寂と激情で描いたドラマティックラブストーリー。 短編集です。兄弟、幼なじみ、生徒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目もも『誘惑のフライト・ロマンス』感想

幼なじみ、年の差モノですパイロットと客室乗務員の制服モノです <ストーリー> 末雪朔は入社した航空会社で、幼馴染みで“憧れのお兄さん”の山際真人に10年ぶりに再会する。ところが有能なパイロットとして華々しく活躍する真人は、なぜか昔とは違い朔に対し素っ気ない態度。困惑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御堂なな子『彼を乱す誘惑』感想

御堂さんのデビュー2作品目です 1作目の「僕を縛る欲望」を読んで、御堂さんは私好みのモノを書いてくれる人だと感じました2作品目を読んで確信です <ストーリー> コンシェルジュとして働くホテルで、偶然、高校時代の後輩で、当時片想いしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲荷家房之介『ザイオンの小枝』感想

稲荷家さんの久し振りの新刊なので思わず手を出してしましました はあ~美しいですね~ <ストーリー> 終戦後のドイツ。廃屋に監禁され生き永らえる伯爵少将。彼を閉じ込めて屈辱を与えながら世話をするユダヤ人の青年医師。誰にも理解できな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木原音瀬『こどもの瞳』感想

木原さんの作品は読みの気合をいれないといけません リアリティがありすぎて引きずり込まれてしまいます。読んだ後の引っかかる感じ・・・消化不良感。・・・なんだか恐ろしげな作品しか書かない方みたいな言い方ですね 決してそうではないのですが、私にはある意味恐ろしい作家さんです{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田ユギ『死ぬほど好き』感想

タイトルに惹かれました『死ぬほど好き』ですよ!? BLになくてはならない要素たっぷりな言葉ではないですか <ストーリー> 卒業まであと半年、江藤は一緒にいられる時間があと僅かなことに焦り思わず親友の柳に告白するがアッサリ振られてしまった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

可南さらさ『水に眠る恋』感想

円陣さんのカバーイラストにまず目がいきました。美しいそれにタイトルのロゴデザインもステキですタイトル『水に眠る恋』にかけているのか、タイトルロゴの影が水に映ったようになってます。 <ストーリー> 仕事で大学病院を訪れた上原尚哉は、高校時代の同級生で外科医になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村春菊『世界一初恋 2』感想

角川書店の戦略にまんまと陥ってます・・・ なんだよ“中村春菊パニック”って!小冊子ほしさに中村春菊作品買いまくりですよ~(泣) 最近多くないですか?こういった応募系 <ストーリー> 丸川書店の少女漫画編集部に配属された小野寺律。ところが編集長の高野が昔好…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中村春菊『純情ロマンチカ12』感想

すごいです。もう12巻ですよ そういえば純情~を読みだしたのは、雑誌で野分とヒロさんのお話を読んだのがきっかけでした・・・(遠い目) <ストーリー> 超有名小説家の宇佐見秋彦を恋人に持つ大学生・高橋美咲。就職活動も始まり忙しくなり始めたというのに、宇佐見の従弟・水樹が帰国し泊まることに。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高塔望生『夜が明ける前に』感想

え~と・・・。 私的に後味の悪い・・・なんだかな~という感じの作品でした <ストーリー> 秘書の仁科は、経営再建のため新社長となった高校の先輩で初恋の人でもある新堂と再会する。かつての淡い恋心が甦るが、傲慢なエリートへと変貌した新堂は、過去の秘密をバラさない代償として仁科の体を要求してきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佳門サエコ『蜜の詰まった上司』感想

雑誌で掲載中の佳門さんの王子様系マンガを読んで(原作:あすま理彩さん)かなりツボにはいったマンガだったので、佳門さんのコミックスを見つけ購読。 <ストーリー> 営業部のイケメンホープ一条は上司の桐原主任がエッチな肉体を持て余しているのに気づいてしまった。10年間、Hごぶさたの桐原のカラダはちょっとした刺激にも敏感に反…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一穂ミチ『オールトの雲』感想

発売当時から帯びコメントを志水ゆきさんが書かれており、結構前評判のよい作品だったのではないでしょか? しかもイラストが木下けい子さんときた!この作品と木下さんのイラストがとてもよく合ってます <ストーリー> お姫様のような母親と一緒に太陽の前に現れた小さな王様―それが、流星だった。外国の血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村明日美子『ダブルミンツ』感想

中村さんの作品は「同級生」と「ダブルミンツ」で2冊目になります。 「同級生」は可愛らしい純な作品だったのに対し、「ダブルミンツ」はなかなか濃い内容で驚きました <ストーリー> 「女を殺した――」電話の向こうから聞こえてきた高飛車な声は、高校時代の同級生、市川光央だった。同じ名前を持つ男、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more